0  アメリカ、ファー・イースト・リサーチ社が発行する『モーターワールド』誌の敏腕編集者マキシ・レッドフォードは、デトロイドモーターショーに初出展した正体不明の日本自動車メーカー、「マツダイラ」の秘密を探るため、日本へと渡った。表向きの業務は、市販車のチューンナップパーツやエアロパーツの開発、販売、及びチューニングの受注やチューニングコンプリートカーの製造をおこなっており、ようやく悲願のオリジナルカーの市販化を実現させたマツダイラだったが、実は水面下では途方もない計画が着々と進められていたのだった。マキシはその事実を知り、驚愕する。「マツダイラ」の壮大なる野望とは……?
 プレイステーションソフト「F1チーム運営シミュレーション」の中で展開されたリザルトを元に、別次元のF1シーズンがここに開幕!構想期間約3年、M−NESTが、今後自信を持ってお送りするタイムパラドクス本格F1小説。あなたは、F1のもう一つの歴史を知ることになる──。
 
0 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません
この物語で展開するF1シーズンは、ルール、ラインナップ、成績等事実とは異なります。
 

◆設定資料集
「MAZDAIRA」人物相関図(#011公開時点)(2005年12月8日公開)
「MAZDAIRA」に登場する人物の相関図。ネタバレの危険性がありますのでご注意ください。

◆第一部 前夜編
#001 Extraordinary Ambition(2003年1月18日公開)
「マツダイラ」の秘密を探るため、日本へと渡ったマキシが見たものとは……。
#002 Gold Which Runs(2003年1月24日公開)
プロジェクトがいよいよ本格始動!ついにその新兵器がベールを脱いだ!
#003 Ayrton Senna(2003年3月13日公開)
共に栄光を築いてきたライバルが去り、セナは孤高のチャンピオンとなった……。
#004 The Successor(2003年4月21日公開)
マツダイラにトラブル発生、プロジェクト存続の危機、神宮は新たなる可能性へ……
#005 Imitation Gold(2003年7月23日公開)
マツダイラの驚くべき疑惑が浮上、マキシが追跡の果てに見た戦慄の瞬間!
#006 The Wonderful Speed(2003年10月16日公開)
タイトル争いはいよいよ最終局面!ミハエル・シューマッハの完璧な1ラップ!
#007 Checkmate in the Rain(2003年12月16日公開)
F1第15戦日本グランプリ、ヒルとシューマッハの壮絶な戦い!
#008 The fort in Bibury(2004年3月24日公開)
マキシ渡英、機動力でマツダイラの新たな秘密に迫る、彼の真骨頂再び……。
#009 Frank's disappointed(2004年11月16日公開)
F1史上に残るシューマッハとヒルのタイトル決定戦は、衝撃の結末が待ち受けていた!
#010 Visitors before dawn(2005年7月6日公開)
バイブリーで取材を続けるマキシの元にやってきた、謎の男たちとは……。
#011 A Girl from Nice(2005年11月29日公開)
マツダイラF1渡英直前、1人の娘の来訪によって松平の過去が明らかに……
#012 Crasher Andy(2006年7月31日公開)
イギリス・シルバーストーンでマツダイラの新型マシン「MS-P2」がシェイクダウン!
#013 Punishment of Death(2008年4月28日公開)
渡英した松平が国際警察に拘束!そしてハイウェイ狙撃事件の真相がついに明らかに!

「MAZDAIRA」に関するご意見・ご感想をお寄せください(MAZDAIRA FORUM)