0  1994年5月1日、F1の英雄アイルトン・セナの4度目のワールドタイトル獲得の夢は、サンマリノで永遠に失われてしまった。それと同時に、多くの人がおそらくそうであったように、僕のF1における指標も、失ってしまった。これから先、F1の何を見ていけばいいのだろうか……。しかしその日の中継で、僕が尊敬しているF1ジャーナリスト、今宮純氏が涙ながらに語った「セナはいなくなってしまいましたが、F1は、これからも続いていくのです」という言葉が、とても印象的だった。
 あれからもう10年以上、F1は、確かに続いている。ミハエル・シューマッハがセナのいなくなった後のF1をリードし、2001年、彼はF1の51年の歴史の中の偉大なる記録、アラン・プロストの持っていた歴代最多勝利数51勝をついに打ち破る。さらにシューマッハはファン・マヌエル・ファンジオの持つ歴代最多ワールドチャンピオン獲得数5回を抜いて、史上最多7度目のワールドチャンピオンとなり、名実共にF1史上最強の座に君臨することとなった。
 シューマッハはあらゆるF1における歴代記録を更新し、現在もなおその勢いは留まることを知らない。さらにファン・パブロ・モントーヤやキミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、日本からは佐藤琢磨などの若き才能も芽生え、F1は、これからも進化を続けていくのだ。英雄アイルトン・セナの意志を継いで、ミハエル・シューマッハという凄い男がF1界に君臨し、そしてその次の時代の到来は、間もなく訪れることとなるだろう。我々は今、新たなF1史の目撃者となる……。
Photo by Takashi Motomiya

2006
Round01 Bahrain(March.12) Round11 France(July.16)
mainFrame Round02 Malaysia(March.19) Round12 Germany(July.30)
Round03 Australia(April.2) Round13 Hungary(August.6)
Round04 San-Marino(April.23) Round14 Turkey(August.27)
Round05 Europe(May.7) Round15 Italy(September.10)
Round06 Spain(May.14) Round16 Belgium(September.17)
Round07 Monaco(May.28) Round17 China(October.1)
Round08 Great-Britain(June.11) Round18 Japan(October.8)
Round09 Canada(June.25) Round19 Brazil(October.22)
Round10 USA(July.2)  

「F1ナイトライダー」(2005年10月31日更新)
 F1フェラーリと米人気テレビドラマ「ナイトライダー」の短編パロディ
「グランプリの肖像」(2004年6月23日更新)
 Makoが描く、鉛筆によるグランプリドライバー達の肖像画。
「それゆけ!マコ・ハッキネン」第8集アップ!(2005年10月9日更新)
 F1の世界をファンタジーRPG仕立てにした、F1パロディの集大成。
「Mika Hakkinen MUSEUM」(メンバー制)
 ミカファンに贈る、ミカ・ハッキネンだけのオリジナルミュージアム。